注目キーワード
  1. MillenVPN
  2. NordVPN

【スイカVPNの評判】悪評や危険性は?実際の口コミやデメリットを解説

  • 2022年12月29日
  • 2023年1月25日
  • VPN一覧
  • 3view

スイカVPNは中国で利用するためのVPNとして必ず候補にあがるサービスです。

利用する前にどんなメリットやデメリットがあるのか、どんな口コミ評判があるのか気になりますよね。

この記事ではあくまでも中立的な立場で嘘なく真実を伝えていけたらと思います。そのため良い口コミも悪い評判もそのままお伝えします。

スイカVPNを利用しようと思っているなら参考にしてみてください。

スイカVPNの公式サイトはこちら

スイカVPNの基本情報

テーブルはスクロールできます→

販売会社名 株式会社MAJ Tech
特徴 日本の会社が運営
中国から繋がる
料金※税込み 月額799円~
返金保証 30日間無料キャンセル
同時接続台数 50台
信頼性 完全な日本語対応
サーバー設置数 50台
サーバー設置国数 25ヵ国45都市
ノーログポリシー 記載なし
キルスイッチ なし
拠点 日本
対応機種 Windows/macOS/Android/iOS
支払い方法 クレジットカード/銀行振込は応相談
購入先 公式サイトはこちら

スイカVPNの公式サイトはこちら

スイカVPNのメリット

メリット1:短期だと価格が安い

スイカVPNは以下のような料金設定になっています。通常は3カ月プランなどないので、利用者が利用期間に合わせて選びやすいのはありがたいですね。

テーブルはスクロールできます→

1カ月料金(税込)
1カ月プラン 1097円
3カ月プラン 1048円
6カ月プラン 989円
1年プラン 938円
2年プラン 879円

で、この中で特筆すべきなのが1カ月プランの料金です。他の有名なVPN業者と1カ月プランの料金を比較してみました。

テーブルはスクロールできます→

1カ月プラン(税込)
スイカVPN 月1097円
MillenVPN 月1496円
NordVPN 月1705円
surfsharkVPN 月1889円
ExpressVPN 月13.75ドル
(1856円)

とびぬけて安いですよね。普通は長く使ってもらいたいので、1カ月プランは高くて、1年、2年プランが安くなっていますが、スイカVPNは1カ月プランが安いのが大きな特徴です。

なので比較的短い期間利用したい場合には、おすすめです。

メリット2:日本語対応でサポートが年中無休

VPNサービスは海外を拠点としているものが多く、基本英語です。中には日本語対応している会社もありますが、自動翻訳でおかしな日本語だったりします。

ですがスイカVPNは日本の企業が運営しているので、日本語対応は完璧です。VPNでよくわからないことが起きて、聞きたい時にまともに聞けないと辛いですからね。日本語で聞けるのはかなりポイントが高いです。

また年中無休のサポートで、返信なども速いので日本人にとっては使いやすいサービスです。

ちなみにですが、日本の企業が運営しているVPNサービスには他にMillenVPNがあります。

メリット3:接続方式が多く、Shadowsocksも使える

こんな感じでそれぞれのに対して4つから6つの接続方式があります。

中でも「Shadowsocks」は高い安全性と速い速度で人気があり、これを使うと中国からも接続できます。(中国からの接続にはIKEv2も利用できますがShadowsocksの方が人気です)

よくわからない人は以下を読んで、合っているものを使えばOKです↓

メリット4:中国からも接続可能

中国はVPNの規制が非常に厳しく、中国で使えるVPNはあまり多くありません。

そんな中、中国からも使えるように頑張っているのがスイカVPNです。

こんな感じで中国から接続できることを確認してくれています。接続速度も中国からなら大手のNordVPNよりも速いですね↓。

中国は頻繁に規制を強化するので、タイミングによっては使えない場合もありますが、スイカVPNは放置せず素早く対応してくれています。

メリット5:同時接続可能台数は50台

テーブルはスクロールできます→

同時接続数
surfsharkVPN 無制限
スイカVPN 50台
MillenVPN 10台
NordVPN 6台
ExpressVPN 5台

会社用のPC、スマホ、私用のPC、スマホ、家族のPCなど同時接続できる台数が多いに越したことはありません。

5-6台でも足りる人は多いと思いますが、私の場合8台必要で、10台くらいないとキツイ人もそれなりにいると思います。

50台あれば十分なので、メリットですね。

ただ、スイカVPNは全世界に50台のサーバーがあり、それぞれにつないだ場合に同時接続が50台可能になるという意味です。同じサーバーに同時接続できるわけではないので注意してください。

メリット6:対応している動画サービスが多い

以下がスイカVPNで利用できるサービスです。

日本の会社が運営しているだけあって、日本人が使いたいサービスを網羅していますよね。日本企業が運営するMillenVPNに匹敵するレベルです。

海外VPNの有名どころで、多くの動画サービスに対応しているNordVPNでも、ここまでは対応していません。

日本から海外の動画サービス、また海外から日本の動画サービスを利用したくてVPNを利用しようと思っている人は多いと思いますが、その場合、スイカVPNは良い選択肢です。

スイカVPNの公式サイトはこちら

スイカVPNのデメリット

どんなVPNにも必ず一長一短はあります。ここでは利用前にスイカVPNのデメリットを把握しておきましょう。

デメリット1:長期の利用料金は高め

メリットのところで短期の料金は安めとお伝えしましたが、逆に長期になると割高になってしまいます。

テーブルはスクロールできます→

1カ月プラン 1年プラン 2年プラン
スイカVPN 月1097円 月938円 月879円
surfsharkVPN 月1889円 月582円 月299円
MillenVPN 月1496円 月594円 月396円
NordVPN 月1705円 月638円 月429円
ExpressVPN 月13.75ドル
(1856円)
月9.15ドル
(1235円)

このように1年プランや2年プランだと他社に劣ってしまいます。

長期で利用予定で、中国で使えて日本企業が運営するVPNが良い場合にはMillenVPNに分がありますね。

デメリット2:専用アプリがAndroidしかない

他社ではWindows用、Mac用、Android用、iOS用など、それぞれアプリが用意されていて、それをダウンロードしてログインするだけで使えるところが多いです。

ですが、スイカVPNの場合、Androidしかアプリが用意されていません。ですので初期設定を自分でやる必要があります。

スイカVPNのホームページにやり方が書いてあるのでその通りにすれば設定できますが、設定などが苦手な人にはデメリットになってしまいますね。

デメリット3:ノーログポリシーの記載なし

ノーログポリシーとは利用者のIPや通信履歴などのログを残さないという方針です。

ノーログで運営しているVPNは万が一の場合にも情報漏洩はありません。

VPNの大手である、NordVPNExpressVPNSurfsharkVPNMillenVPNなどはノーログポリシーを掲げて実際にノーログで運営しています。

スイカVPNはノーログポリシーの記載がないので、実際のところは不明ですが、ノーログで運営をしていたらノーログポリシーを掲げているでしょうから、ノーログでの運営ではないのだと思われます。

この点は不安材料の1つですね。

デメリット4:キルスイッチがない

VPNは不安定な場合がありますので、たまに接続が切れることがあります。その時にキルスイッチが無ければ、通常のWiFiなどにつながってしまいます。

通常のWiFiにつながるという事は、VPNのような守られた環境ではなくなるので、セキュリティが弱くなり、外部から傍受される可能性が出てきます。

逆にキルスイッチがあり、それをONにしていると、VPNが切断されてしまった場合にネット環境を切断します。

ですので、通常のWiFiに急につながることはなく、外部から傍受される可能性は無くなります。

海外から日本の動画サービスを利用したいとか、日本から海外の動画サービスを利用したいような場合には、キルスイッチは必要ないと思いますが、無料WiFiなどを使ってクレカ情報を入力などする場合にはある方が安心です。

スイカVPNにはこのキルスイッチがないので、ちょっと不安ではありますね。

スイカVPNの良い口コミ評判

使えているという口コミが結構多いですね。とくにワールドカップで海外からAbemaTVを見たくて、スイカVPNでみれたという人が多かったです。

スイカVPNの悪い口コミ評判

一方で使えないとか、不安定という声も結構あったりします。

あるサーバーがVPN認定されて、それ以降使えなくなったりすることもあるので、繋がるサーバーによっても変わったりします。

なので繋がらないときには、サーバーをころころ変えてみるのも手ですね。

また30日間の無料キャンセル期間(1か月プランはなし)があるので、あなたの環境で使えるのか試してみてから使うのもありです。

スイカVPNがおすすめではない人

  • 無料で使いたい人
  • 長期で利用予定の人
  • ノーログポリシーやキルスイッチがあるVPNが良い人
  • 専用アプリで簡単に設定できるのがいい人

スイカVPNがおすすめな人

  • 短期で利用したい人
  • 中国から利用したい人
  • 沢山の動画サービスを利用したい人
  • 日本人が運営しているVPNがいい人

まとめ

スイカVPNは日本人が利用するのには非常に良いサービスです。特に短期で利用するには安くていいですね。

一方で長期で利用する場合には、他のVPNと比べて割高になります。長期で利用するなら、同様に日本人が利用するのに優れているMillenVPNに分があると思います。

VPN選びの参考にしてみてください。

スイカVPNの公式サイトはこちら

スイカVPNの販売会社情報

販売会社名 株式会社MAJ Tech
販売会社住所 東京都中央区日本橋室町一丁目13番1号 DKノア4階
販売ページ 公式サイト