【ZenMateVPNの評判】特徴やデメリットは?危険性はある?実際の口コミも紹介

  • 2023年3月2日
  • 2023年3月2日
  • VPN一覧
  • 44view

ZenMateVPNとは、通常のVPNと同様のプランと、Google Chromeの拡張機能として使うプランのあるVPNです。

無料プラン、お試し期間や返金保証があるので初心者の人には気になるVPNですね。危険性の有無や実際の口コミなど、ZenMateVPNの評判を含めて解説しました。

ZenMateVPNの基本情報

テーブルは横にスクロールできます⇒

ZenMateVPN
販売会社名 ZenGuard社
特徴 ・GoogleChromeの拡張機能

・シンプルで使いやすい

・値段が安い

料金※税込み $1.51/月(3年プラン)~
返金保証 30日間の返金保証
同時接続台数 5台
信頼性 高い
サーバー設置数 4700台
サーバー設置国数 81カ国
ノーログポリシー あり
キルスイッチ あり
拠点 ドイツ
対応機種 Windows、macOS、Linux、Android、iOS
支払い方法 クレジットカード
PayPal
購入先 https://zenmate.com/

ZenMateVPNのメリット

長期プランが激安

ZenMateでは、『Pro』と『Ultimate』という2種類のコースがあります。

『Pro』では1年プランだと1カ月$1.99、『Ultimate』では3年プランだと1カ月$1.51という安さで契約ができます。

他の人気VPNと料金を比較しました。

テーブルは横にスクロールできます⇒

長期プランの料金
Millen VPN 396円(2年プラン)
NordVPN 583円(2年プラン)
ZenMateVPN 『Pro』約267円(1年プラン)

『Ultimate』約202円(3年プラン)

※2023年2月18日現在のレート:$1=約134円

『Pro』は1年プランでも月300円を切る安さで、他の安いVPNよりも月100円安いです。

これは激安と言ってもいいですよね。

『Pro』では1カ月、6カ月、1年の料金プラン、『Ultimate』では、1カ月、1年、3年と料金プランが設定されています。

詳細な料金プランや、『Pro』と『Ultimate』の違いなどは下の「料金プラン」の所で解説しておりますので、そちらをご覧ください。

7日間の使用期間と30日間の返金保証あり

ZenMateでは、有料コースを7日間お試しで利用ができます。

7日間利用したあとは、無料に戻すか、有料を契約するかを選ぶことができますよ。

期間終了後に自動的に有料プランに移行してしまって料金が発生してしまうという事態にはならないので安心してください。

また、30日間の返金保証があるのも嬉しいポイントで、VPNを始めやすいですね。

81ヵ国にサーバーがある

ZenMateでは世界の81カ国にサーバーがあります。

これは、他社のVPNと比べても多い方で、安いうえに選べる国も多いのはコスパがいいと言えます。

他社VPNとの比較は以下の表にまとめました。

テーブルは横にスクロールできます⇒

VPN サーバー設置国数
ExpressVPN 94カ国
MillenVPN 72カ国
NordVPN 60カ国
ZenmateVPN 81カ国

他社の有名VPNに劣らない設置国数ですね。

物理的サーバーではないが中国にサーバーあり

ZenMateの公式ホームページをみてみると、サーバーのある国などをみることができます。

中国には、物理的なサーバーがないとはなっているものの、サーバー数が12個あるんです。

(引用:ZenMateVPN)

特殊な技術により、中国のIPを使えるサーバーがあるという事ですね。

ZenMateVPNのデメリット

無料プランの通信速度は遅い

ZenMateVPNは速度が遅いことが言われますが、無料プランの場合は最大2Mbpsなのでとても遅いです。

ただし、有料プランの場合だと無制限なので、比較的高速なインターネットを利用することができ、平均ダウンロード速度は 57.6 Mbpsとなっています。

40 Mbpsあれば、高解像度のビデオのストリーミングから大きなサイズのファイルのダウンロードまでほぼすべての処理に十分な速さと言われているので、有料プランは十分な速度ですね。

中国からは繋がりにくい

中国ではVPNの規制がされているため、中国から繋がらないVPNは多いですが、ZenMateも同じく繋がりにくいです。

中国のVPN規制は非常に強く、政府に認可されたVPN業者のみ営業が許可されている状況なので、仮想サーバーがあるとはいえ利用しづらさは否めません。

本拠地が14-Eyesのドイツにある

14-Eyesのドイツに本拠地があるということは、14の加盟国政府がネットのデータにアクセスができ、そのデータを他国と共有することができてしまいます。

ネットのプライバシー保護を心配している方は、同盟国に本社を置いていないVPNを選ぶことをオススメします。

14-Eyesとは

〇-Eyesとはアメリカが他国と情報を共有することで合意した同盟のことです。

5-Eyes同盟という、アメリカとイギリスが、ソビエトの情報を解読することを目的に、情報共有の合意をした同盟が始まりです。

14-Eyesの他にも、9-Eyesや41-Eyesがありますが、すべて5-Eyesを拡大させたもので、数字は国の数を表しています。

ZenMateVPNの料金プランと支払い方法

ZenMateVPNの料金プラン

ZenMateでは、『Pro』と『Ultimate』という2種類のコースがあります。

『Pro』と『Ultimate』のプランの違いは以下の3点です。

テーブルは横にスクロールできます⇒

Pro Ultimate
プラットフォーム Chrome, Firefox & Edge

(無制限のブラウザ)

すべてのプラットフォーム

(無制限のデバイス)

2Pサポート ×
オープンVPN ×

また、『Pro』と『Ultimate』に共通してある機能は以下の通りです。

・100%ノーログポリシー

・無制限の速度

・最適化されたストリーミングサーバー

・ステルス接続機能

・スマートロケーション

・ホワイトリスト機能

・パーソナルサポート

それぞれの料金プランは以下の通りです。

テーブルは横にスクロールできます⇒

Pro
1カ月 $7.99(約1070円)/1カ月
6カ月 $3.19(約427円)/1カ月
1年 $1.99(約267円)/1カ月
Ultimate
1カ月 $10.99(約1472)/1カ月
1年 $4.49(約602円)/1カ月
3年 $1.51(約202円)/1カ月

※2023年2月18日現在のレート:$1=約134円

ZenMateVPNの支払い方法

支払いの方法は以下の2種類です。

  • クレジットカード
  • PayPal

ZenMateVPNの良い口コミ評判

拡張機能でシンプルな操作性は評判がいいですね。

ZenMateVPNの悪い口コミ評判

通信速度が遅い、固まるという口コミが多かったです。

速度が速いという口コミもあったので、速度が遅いという口コミは無料プランを使用している方の口コミかもしれませんね。

ZenMateVPNがおすすめな人

  • VPN初心者でシンプルな操作性を求めている人
  • 料金を安く抑えたい人

ZenMateVPNがおすすめではない人

  • 高速度や多機能を求める人
  • 中国で利用したい人

まとめ

ZenMateは、速度などは他社よりやや劣るものの、長期プランで契約すると料金がかなり安くなります。また、操作性もシンプルで使いやすいので、初心者の方におすすめのVPNです。

ZenMateの公式サイトはこちら

2023年最新のおすすめVPNをチェックする

ZenMateVPNの販売会社情報

テーブルは横にスクロールできます⇒

販売会社名 ZenGuard社
販売会社住所 Am Treptower Park 28-30

Berlin、Capital City、12435、DE

販売ページ https://zenmate.com/