注目キーワード
  1. MillenVPN
  2. NordVPN

【NordVPNの口コミ】悪評や危険性は?利用者がガチの評判を暴露

  • 2022年12月26日
  • 2023年1月31日
  • VPN一覧
  • 1view

VPNサービスについて調べているとまず最初に見つけるのがNordVPN(ノードVPN)です。

それくらい有名なVPNですが、口コミや評判はどうなのか、危険性はないのか気になりますよね。

この記事ではあくまでも中立的な立場で嘘なく真実を伝えていけたらと思います。そのため良い口コミも悪い評判もそのままお伝えします。

また実際に利用した私の評価も載せておりますので、「NordVPN(ノードVPN)」を利用しようかどうか迷っている人は参考にしてみてください。

NordVPNの公式サイトはこちら

NordVPNの基本情報

テーブルはスクロールできます→

販売会社名 Tefincom S.A
NordVPN S.A
特徴 VPN最大手でサーバー数が多く接続スピードが速い
料金※税込み 月額429円~
無料体験 or 返金保証 30日間返金保証
同時接続台数 6台
信頼性 最大手◎
運営歴10年以上
日本語対応
サーバー設置数 5400台以上
サーバー設置国数 60ヵ国
ノーログポリシー
キルスイッチ
拠点 パナマ
対応機種 Windows/macOS/Android/iOS/Linux/Chromebook/Android TV/Amazon Fire TV Stick/RaspberryPi/Chromecast/Kindle Fire
支払い方法 クレジットカード/暗号通貨/PayPal/AmazonPay/Sofort/プリペイドカード/iTunes/Google Pay
購入先 公式サイトはこちら
【運営会社の補足】
NordVPNはパナマにある「Tefincom S.A」が権利を持っており、「NordVPN S.A」が販売や管理を行っています。 また「Tefincom S.A」の親会社は「NordSecurity」というセキュリティ関係の大手です。このように運営会社は複雑になっていますが、10年以上VPN業界ではトップに君臨する実績のあるVPNです。

NordVPNを実際に利用した私の評価!

NordVPNのデメリット3点

デメリット1:PCアプリが使いにくい

NordVPN自体は日本語対応しているのですが、接続するサーバーを検索する時に「日本」「イギリス」のような日本語の検索では出てきません。

「Japan」「United Kingdom」のような英語表記で検索する必要があるので、英語表記に慣れていない人は面倒に感じるでしょう。

またアプリでは接続する場所を地図から選べるようにもなっていますが、私の使い方では地図から選ぶようなことはなく、検索で国名を指定するので、地図は無くてもいいかなと思います。

VPNはPCを立ち上げたときに、サッと繋ぐだけなので、地図をなくしてスピード感をアップしてもらえるほうが使いやすいと感じます。

MillenVPNExpressVPNは逆に接続に必要なものしかないのでアプリは使いやすく感じますね。

ただ、Chromeの拡張機能でNordVPNを利用すれば、接続に必要なものしか出てこずスピードも速いので、スピード感を求める人はChromeの拡張機能を使うとこのデメリットはなくなります。

デメリット2:はずれサーバーが存在する

NordVPNは全世界に5400台以上のサーバーがあり、接続スピードが速いといわれています。

接続時に混みあっていないサーバーを自動で選択することで、接続スピードが遅くなることを避けられるシステムになっているわけですね。

ただ実際に使用してみると、遅いサーバーが存在します。そういうサーバーはいつ接続しても遅いので、何か問題があるんでしょう。

また、例えば日本からイギリスに繋いで、イギリスのネットフリックスでジブリを見るとか、その逆でアメリカから日本に繋いで日本の動画サービスを見る場合などに、見れない場合があります。

これはNordVPNでは見れないというわけではなく、はずれサーバーにあたってしまっているから見れないんですよね。その国ではじかれているサーバーが存在しています。

もしおかしいと思うことがあれば、サーバーをどんどん切り替えてみましょう。日本だけでも100サーバー以上あるので、いいサーバーが見つかるはずです。

1度見つけておくと、次からはそのサーバーに繋げばよいと分かりますからね。一度利用すると履歴にも残るので探すのも簡単です。

デメリット3:初期設定で自動更新になっている

NordVPNをある期間だけ利用したいという人もいると思いますが、初期設定で自動更新になっているので、更新時期がきたら自動更新になってしまいます。

一定期間だけ利用する予定の人は、NordVPNの公式サイトにログインして、請求ページで自動更新をOFFにしておきましょう。

その時期がきたら自動で解約になります。アカウントが削除されるわけではないので、再開したい場合にはまた請求で支払いをすればOKです。

NordVPNのメリット5点

メリット1:接続スピードが速く安定している

NordVPNは全世界の5400台以上のサーバーが設置されており、混みにくいため接続スピードが速いといわれています。

日本だけでも100台以上のサーバーがあるので、海外から日本につなぎたい時にもスピードには重宝するでしょう。日本の動画サービスを利用したい時に遅かったら意味ないですからね。

ただ日本にいて日本のサーバーにつなぎたい場合(セキュリティ的に無料WiFiに繋ぎたくないなど)、どのVPNを選んでもスピード的には大差ありません。

ですので、同国内で繋ぎたい場合は、あえてスピードにはこだわらなくて大丈夫です。

一方で海外のサーバーに繋ぎたい場合は、サーバーの多さや接続スピードは非常に重要になってきますのでNordVPNを選ぶメリットは大きいです。

以下は実際に日本から日本、日本からイギリスに繋いだ時のデータです。遅くはなりますが、VPNの中では速いほうで、体感で分かるほど遅くはなりません。

テーブルはスクロールできます→

接続前 日本 イギリス
NordVPN 482Mbps 215Mbps
(45%)
167Mbps
(35%)

【接続前】

【日本】

【イギリス】

この程度のダウンであれば、体感的にほとんど分からないレベルなので、動画視聴などでも問題なく利用できます。

メリット2:対応動画サービスが多い

日本から海外の動画を見る、もしくは海外から日本の動画を見るという目的でVPNを使おうと思っている人が多いと思いますが、実は全ての動画が見れるというわけではなく、VPN業者によって見れるものと見れないものがあります。

だからどの動画サービスが見れるのかは、VPNに申し込む前に絶対に確認しておいてください。

NordVPNはMillenVPNと並んで、対応動画サービスが多いのが特徴です。

テーブルはスクロールできます→

NordVPN MillenVPN Express Surfshark
NetFlix
(一部不可)
Hulu ×
(一部不可)
Tver
Abema
Amazon Prime ×

MillenVPNは日本人向けに作られているので、日本の動画サービスをかなり網羅していますが、海外サービスであるNordVPNがここまで多くの動画サービスに対応しているのはすごいですね。

メリット3:ノーログポリシーを徹底している

ノーログポリシーとは、ログを残さないという方針で運営していることを意味します。

つまり完全なノーログの場合、ログが残らないので、VPN会社の社員でも、警察でも通信内容を確認することができません。

多くの国では完全なノーログでの運営はできないのですが、NordVPNが本社を置くパナマでは完全なノーログでの運営が可能となっています。ちなみに日本も完全なノーログでの運営が可能な国の1つです。

ですが、ノーログポリシーを掲げながら、実はログを取っていたり、悪用している会社があるのも事実。

香港にある「UFO VPN」というVPNでは、ノーログポリシーを掲げていたのにユーザー名やIPアドレス、接続先などのログを取っており、それが流出したことでノーログではないことが発覚しました。

「じゃあNordVPNも信用できないんじゃ…」と思われたかもしれませんが、「PricewaterhouseCoopers AG社」という第三者機関がNordVPNを監査した結果、本当にノーログで運営されていることが確認されているので安心です。

メリット4:固定IPがある

通常はIPは接続の度に変わるものが多いですが、会社などで利用する場合にIPを固定させておくと便利な場合があります。

大事なフォルダーには指定のIPしかアクセスできないようにしておくと、セキュリティが上がるんですよね。

VPNはセキュリティレベルを上げるために使用している人も多いため、固定IPを利用したい人も多いはずです。

NordVPNではこのような要望にも答えることができ、固定IPを使用できます。

ただ利用できるのはイギリス、アメリカ、フランス、オランダ、ドイツの固定IPのみです。

日本の固定IPを利用したいのであればMillenVPNなら標準で搭載しています。

メリット5:細かい設定ができる

キルスイッチやスプリットトンネルのオンオフや独自のDNSサーバーを試用することも可能です。

キルスイッチとは、VPNが落ちたときにインターネット接続自体を切断するものです。これをオフにしておくと、VPNが落ちたときに通常通信になるので通信を傍受されてしまいます。
スプリットトンネルとは、通信の一部を隠す(スプリットトンネリング)か全部を隠す(フルトンネリング)かという設定です。スプリットトンネルの方が通信速度は速いですが、セキュリティが弱くなります。逆にフルトンネリングの方は通信速度は遅くなりますが、セキュリティは高くなります。

広告ブロックやマルウェアから保護してくれる機能などもあり、自分専用にカスタマイズしやすいのがいい点ですね。

NordVPNの料金は安いの?

NordVPNは最近以下の3つのプランに変わりました。

テーブルはスクロールできます→

1カ月プラン 1年プラン 2年プラン
スタンダードプラン 月1705円 月638円 月429円
プラスプラン 月1848円 月781円 月572円
コンプリートプラン 月2024円 月957円 月748円

(税込み表示)

・プラスプラン=「スタンダードプラン+パスワード管理アプリ+情報漏洩スキャナー」
・コンプリートプラン=「プラスプラン+1TBの暗号化されたクラウドストレージ」

ほとんどの人は通常のVPNとして使用するスタンダードプランだと思いますので、スタンダードプランを他のVPNと料金比較してみました。

テーブルはスクロールできます→

1カ月プラン 1年プラン 2年プラン
NordVPN 月1705円 月638円 月429円
MillenVPN 月1496円 月594円 月396円
ExpressVPN 月13.75ドル
(1856円)
月9.15ドル
(1235円)
surfsharkVPN 月1889円 月582円 月299円

(税込み表示、1ドル=135円で計算)

最安値とまではいきませんが、大手が運営するサービスとしては十分な安さになっていると思います。

NordVPNの良い口コミをまとめました!

NordVPNは利用者が多いので多くの口コミを見つけることができます。

「特に問題なく動作していた」というのは普通のサービスであれば、なんともない口コミですが、VPNにおいては特に問題なく動作することこそが命なので、問題なく動作するというのは非常に良い口コミです。

NordVPNの悪い口コミをまとめました!

悪い口コミに見られるような「接続できない」といった内容は、はずれサーバーを引いている可能性が高いです。

VPNサーバーだとバレてブロックされているサーバーに接続している可能性が高いので、サーバーをどんどん切り替えて試してみるといいですね。

NordVPNのよくある質問

NordVPNは中国でも使えるの?

NordVPNは中国でも使えます。ただ実際には使えないという声もあったりします。

中国は頻繁に規制をかけてくるので、その規制にVPN側でどれだけ迅速に対応してくれるかが重要です。

MillenVPNは2022年10月に行われた中国の規制にも対応し、「MillenVPN Native OpenConnect(無料オプション)」の方法で接続できるように改良しました。

中国で使う場合は、このように頻繁に改善してくれるVPNを選ぶ方がいいかもしれません。

もちろんNordVPNでも繋がるかもしれないので、とりあえずNordVPNで試してみるのも1つの手です。繋がらなかったら30日間の返金保証を利用して返金してもらいましょう。

利用開始までどれくらい時間がかかる?

NordVPNのサイトで申込をして決済をするまでに2-3分。

NordVPNのソフトやアプリをダウンロードしてログインし、サーバーに接続するまで2分。

ですので5分もあれば、利用開始できます。

NordVPNはトレントに対応している?

VPNの中にはTorrent(トレント)に対応していないサービスもありますが、NordVPNはトレントに対応しています。

ただ当サイトは著作権で保護されたコンテンツをダウンロード、アップロードするためにトレントを使用することを推奨していません。トラブルなどには一切責任を負えませんので、自己責任でお願いします。

NordVPNは現金や銀行振込に対応している?

一応現金での支払い方法はありますが、複雑すぎるので大変です。

銀行振込で支払いたい人は、日本で運営されている有名なMillenVPNを利用するのがいいかと思います。

NordVPNの使い方は簡単?

使い方は非常に簡単です。通常の使い方であれば、接続したい都市を選んで接続するだけです。

また細かい設定にも対応しているので、自分好みにカスタマイズすることも可能です。

NordVPNをおすすめしない人

  • 1円でも安く利用したい人
  • 銀行振込がいい人
  • 日本企業がいい人

NordVPNをおすすめする人

  • 通信速度が速いのが良い人
  • 多くの動画サービスに対応しているVPNがいい人
  • 完全なノーログがいい人
  • 知名度の高いサービスを利用したい人
  • 固定IPを利用したい人
  • 細かい設定をしたい人

まとめ

NordVPNは全世界的にも有名で、多くの人が利用しているだけあって、安全性や使いやすさを追及しています。

全世界的に見てもオールマイティなので、NordVPNで大きな問題が起こる可能性は低いと考えられます。

30日間の返金保証もあるので、あなたが利用したいサービスが本当に利用できるのか、とりあえず試してみるのもいいですね。

NordVPNの公式サイトはこちら

NordVPNの販売会社情報

販売会社名 NordVPN S.A
販売会社住所 Fred. Roeskestraat 115, 1076 EE, Amsterdam
販売ページ 公式サイト