【かべネコVPNの評判】無料でも使えるけどメリット・デメリットは?

  • 2023年1月30日
  • 2023年2月1日
  • VPN一覧
  • 34view

かべネコVPNは中国から繋がるVPNを探していると候補にあがってきますが、実際の利用者の評判など気になりますよね。

またメリットやデメリットなどどんなものがあるのかも事前に知っておきたいでしょう。

この記事では、かべネコVPNの気になる料金設定やメリットデメリット、利用者の評判などを紹介していきます。

かべネコVPNの基本情報

まずかべネコVPNの全体像をまとめます。

テーブルはスクロールできます→

かべネコVPN
販売会社名 株式会社エフネット
特徴 無料で最大3週間で利用できるサービスや自動繰越機能も魅力。
中国で利用可能なVPNとしても人気。
料金※税込み 月額880円~
返金保証 返金保証無し
最大3週間0円で利用できる無料期間有り
同時接続台数 4台
信頼性 日本企業
サーバー設置数 78台
(中国で利用可能なサーバーは74台)
サーバー設置国数 5カ国
ノーログポリシー ×
「通信ログの開示を行ないません」の表記有り
キルスイッチ なし
拠点 日本
対応機種 Windows/macOS/
Android/iOS
支払い方法 クレジットカード/PAYPAL/
銀行振込(日本の銀行口座のみ)
購入先 公式サイト

かべネコVPNのメリット

メリット1:無料でも最大3週間使える

かべネコVPNには無料お試しがあり、試用版を最大で3週間無料で利用することができます。

試用版といっても利用するのは有料版と同じサーバーなので実際の使い勝手を体験可能です。

試用版の登録はとても簡単で、登録に必要なのはメールアドレスとパスワードのみ。

クレジットカード登録は必要ないので、試用版の終了後、解約手続きは不要です。自動更新されないのも嬉しいポイントですね。

メリット2:短期利用は安い

かべネコVPNは短期プランが特に安く利用できます。他のVPNと金額を比較してみました。

テーブルはスクロールできます→

1カ月プラン 1年プラン 2年プラン
かべネコVPN 月880円 月480円
MillenVPN 月1496円 月594円 月396円
NordVPN 月1705円 月638円 月429円

他のVPNと比較すると1ヶ月プランの金額は、人気VPNであるNordVPNの半額近い金額で利用することができます。

一方で2年など、長期で利用する場合には上記のようにかべネコよりも安く利用できるVPNはあります。

メリット3:使わない日はカウントされない

かべネコVPNの他にはないサービスとして、使わない日を自動繰越できるサービスがあります。

これはかべネコVPNの接続ポイント制によるものです。

接続ポイント制を採用

(引用:かべネコVPN

かべネコVPNでは接続ポイント制を採用しています。

登録プランごとにそれぞれポイントが付与され、VPNを利用する日のみポイントを使うというシステムです。

つまり利用しない日はポイントを使わないので、利用期間を延長できます。毎日VPNを利用しないという人には嬉しいサービスですね。

自動繰り越しは契約プランの1.5倍

自動繰越は契約期間の1.5倍までという制限があります。

つまりポイントはある程度の期間で消滅してしまうんですね。

例えば6ヶ月プランの場合、1.5倍の9ヶ月まで利用期間を延長可能です。

毎日使い続けた場合は6カ月で全て使い切りますが、最後10ポイントでも残していればそのポイントは9か月目まで利用可能になります。

メリット4:中国で利用できる

中国ではネットの規制がかなり厳しいので、利用できないVPNもかなり多いです。

その中でも、かべネコVPNは中国でも利用可能なVPNとして多くの中国在住者に支持されています。

日本企業のVPNなので、何かあった時に日本語で対応してくれる安心感も支持されるポイントですね。

中国で利用できるプロトコルは「Trojan-GFW / OpenConect」の2種類ですが、現在(2023年1月)「Trojan-GFW」の方は技術上の問題でポイントを消費しないシステムになっています。(将来的にはポイント消費になる可能性はあります)

ですので中国から「Trojan-GFW」で接続する場合には、自動的に契約期間の1.5倍の期間(6カ月なら9カ月、1年なら1.5年)まで利用可能です。

「Trojan-GFW」には使えない用途も存在しているので、以下をご確認ください。

【使える用途】
・ブラウザによるネット閲覧
・Youtube,FaceBook アプリ等のブラウザでも提供しているネットサービスアプリ
【使えない用途】
・ゲーム
・サーバーのリモートコントロール(エンジニアが扱うSSH,SFTP等)
・その他,特殊な通信方式を採用するアプリ(引用:かべネコVPN

かべネコVPNの公式サイトはこちら

かべネコVPNのデメリット

デメリット1:サーバー設置国は5つ

かべネコVPNのサーバー設置国は、「日本、香港(中国)、米国、イギリス、ドイツ」の5つですので、他のVPNよりもサーバー数は劣ります。

サブスクを安く使う目的でVPNを利用したい場合は、アルゼンチンやフィリピンなどの国は対象外なのでかべネコVPNは向きません。

逆に利用したい国が5ヶ国に含まれている場合や、海外から日本サイトを利用したい場合は金額が安いかべネコVPNはおすすめです。

特に、規制が厳しい中国で使いたい人の中では繋がるVPNとして人気があります。

デメリット2:アプリがなく初期設定が必要

かべネコVPNでは専用のアプリがないので、自分でサーバーの接続設定をしなければならず不便に感じる人もいるかもしれません。

VPN初心者だと接続設定を自分でするとなると躊躇してしまいますよね。

ですが、かべネコVPNでは接続の手順などを画像付きで分かりやすく解説してくれているので、初心者でも問題なく利用できます。

アプリが用意されている場合に比べると少し設定が複雑にはなりますが、解説通りに進めれば設定可能です。

日本語でのサポートも受けられるので安心ですね。

デメリット3:返金保証はない

かべネコVPNでは返金保障のサービスはありません。

その代わりに無償試用版を最大3週間利用することが可能です。

無料試用版はメールアドレスとパスワードの設定だけで利用が開始でき、もし合わないなと感じたらそのまま自動的に解約になります。

解約の手続きも必要ないので、まずは気軽に無償試用版を利用して、あなたの環境にあっているのか確認してみましょう。

デメリット4:ノーログではない

かべネコVPNは残念ながらノーログではありません。

ノーログとは、分かりやすくいうと利用者が接続した履歴や内容、IPアドレスなどの情報をサイト側で保存しないということです。VPNの会社自体でも個人情報を保存しないことで、よりセキュリティ強化を図ることができます。

かべネコVPNのHPには警察・司法当局の合法的指示がない限り通信ログの開示を行いませんと書かれているので、通信ログは残しているという事です。

ただし無暗に開示されたりするわけではないので、法律に触れるようなことをしなければ問題ないと言えます。

デメリット5:中国以外の接続スピードはあまり速くない

接続スピードは問題無く使えるレベルですが、大手VPNと比較すると若干劣ります。

ただし、中国国内で利用できるVPNの中では接続スピードは速い部類です。

中国で人気VPNである「UCSS」や「良之助VPN」に継ぐ接続スピードで、動画視聴もできます。

かべネコVPNの公式サイトはこちら

2023年中国でおすすめのVPNをチェックする

かべネコVPNの良い口コミ評判3つ

かべネコVPN利用者の良い口コミを調べてみました。

中国やイランなど通信規制が厳しい国で使えるのは、本当にありがたいですね。

価格の安さが大きな魅力ですよね。

ここでは2週間と書かれていますが、ポイント繰越があるので最大3週間無料試用ができるのは嬉しいポイントですね。

かべネコVPNの悪い口コミ評判3つ

接続スピードが低下することもあるようです。別のサーバーに切り替えるなどの対策で復活することもあります。

中には繋がりにくいサイトもあります。繋がらないサブスクもあるので無料版で事前に確認しておきましょう。

時間帯によって速度が落ちることもあるようです。ネットワークの混み具合によって通信速度が低下することがあります。

サーバーの切り替えやIPアドレスのリセットで改善することもあるので試してみて下さいね。

かべネコVPNがおすすめではない人

利用目的によっては、かべネコVPNが向かない方もいます。

  • 色んな国でVPNを利用したい
  • VPNの接続を自分で行うのが不安
  • 接続スピードにこだわりたい

このような方は他のVPNも検討してみるほうがいいかもしれません。

かべネコVPNがおすすめな人

かべネコVPNはこんな人におすすめです。

  • 中国で利用することが多い
  • 短期利用の金額が安いVPNを求めている
  • VPNを毎日は利用しない
  • 日本の会社のVPNが安心する

特に中国で利用することが多い人は、かべネコVPNはおすすめです。

日本製のVPNの中でもかなり安い金額で利用できるのも、嬉しいポイントですね。

まとめ

今回は、かべネコVPNを解説してきました。

かべネコVPNの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 無料で最大3週間利用できる
  • 使わない日を繰り越しでき、契約期間の最大1.5倍利用できる。
  • 規制が厳しい中国でも利用可能

もし、かべネコVPNが気になったら、まずは無償試用版を3週間利用してみましょう。

有料版と同条件で利用できるので、検討しやすいですよ。

かべネコVPNの公式サイトはこちら

2023年最新のおすすめVPNをチェックする

かべネコVPNの販売会社情報

販売会社名 株式会社エフネット
販売会社住所 東京都品川区北品川1-9-7
販売ページ 公式サイト