注目キーワード
  1. MillenVPN
  2. NordVPN

iPhoneにVPNは必要か?オフにするとどうなる?おすすめのVPNも解説

iPhoneなどのデバイスを利用していると、よく耳にしたことのある「VPN」という言葉ですが、「実はあまり詳しく知らない・・・」という方も多いのではないでしょうか。

「そもそもVPNって?」

「iPhoneのVPN機能って設定した方がいいの?オフだとヤバい?」

「利用するならどのVPNを選べばいいの?」

今回の記事は、そんな疑問をお持ちの方におすすめの内容です。

VPNの概要、VPNのメリットデメリットなどから、本当にiPhoneにVPNが必要なのかを解説します。

VPNとは?簡潔に解説

VPN(Virtual Private Network)の略で、日本語だと「仮想専用線」と呼ばれています。

分かりやすく説明すると、お使いのスマホやタブレット、PCなどのデバイスとインターネットとの間に安全なトンネルをつくるということです。

この安全なトンネル(VPN)を通して情報のやり取りを行うので、外部から情報を見ることができなくなり、安全性を確保できます。

公共の場でよくあるフリーWi-Fiなどは、Wi-Fi経由で情報を無断で閲覧されたり改ざんされたりする可能性も少なくありません。

そんな時にVPNを導入していれば、個人情報漏洩のリスクを回避することができます。

つまりVPNを利用するとセキュリティを強化できるわけですね。またVPNには色々な使い方があるので、後ほど「iPhoneのVPNをオンにしたらできること」の所で詳しく解説します。

【結論】利用法によってはiPhoneにVPNは必要

結論から言うと「iPhoneにVPNは必要」だと言えます。

VPNを利用することでiPhone利用者にたくさんのメリットがあるからです。

VPNを利用することによるデメリットももちろんありますが、それはほんの一部で逆にVPNを利用しないデメリットの方がかなりたくさんあります。

特にWiFiにつないでiphoneでネットバンキングを利用したり、クレジットカードを利用してオンラインショッピングをするような人には必須と言えます。

iPhoneのVPNをオフにするとどうなる?

iPhoneのVPNをオフにした場合のリスクはこちら↓です。

クレカやログイン情報などが漏洩するリスクがある

セキュリティレベルが下がり、iPhoneに登録されているクレジットカード情報やログイン時に入力したアドレスやパスワードなどの情報が漏洩してしまう可能性があります。

株やFX、仮想通貨などを取り扱う人も要注意ですね。

これはフリーWi-Fiだけではなく自宅のWi-Fiでも起こりうることです。

IPアドレスや通信内容を盗み見られる可能性がある

ネットワークを通してIPアドレスや通信内容を盗み見られる可能性があるので注意が必要です。

自分のIPアドレスが悪用されたり、スマホやPCの乗っ取りなどで個人情報が漏洩してしまうリスクが高まります。

iPhoneのVPNをオンにしたらできること

iPhone利用者はVPN利用によって、たくさんのメリットがあります。

フリーWiFiを安全に利用できる

情報漏洩リスクの高いフリーWi-Fiを安全に利用することができます。

VPNを利用するとインターネット間での情報のやり取りが暗号化され他人から見られないようになるからです。

よくフリーWi-Fiを利用する人はVPNの利用は必須ですね。

また自宅のWiFiであっても、暗号化処理が適切にされていない場合は通信情報が危険にさらされていますので、自宅でWiFiを使う場合でもVPNは利用した方が安全です。

ネットバンキングへのログインやクレカでの購入が安全になる

ネットバンキングやクレジットカードなどの情報は悪用されると大損害につながります。

これらを利用する時にもVPNを利用していれば、入力した個人情報を傍受されることがないので安全に利用できます。

海外の動画サービスなどが利用できる

多くの国のWEBサービスや動画サービスなどは、他国からアクセスできないようにしています。外国のIPアドレスを除外しているわけですね。

ですので通常は日本にいながら海外のサービスを利用したり、海外にいながら日本のサービスを利用することはできないのですが、VPNを利用するとこれができるようになります。

VPNを利用する時にVPN用のサーバーに繋ぐわけですが、VPNサービスは各国にサーバーを持っています。例えば日本にいながらイギリスのサーバーにVPNで繋げば、自分のIPをイギリスのIPに変更することができるというわけです。

イギリスのIPになれば、例えばイギリスのNetflixを見ることも可能です。イギリスでは日本のNetflixにはないジブリ作品を放映していて、日本語音声で見ることもできます。

同様に海外から日本の動画サービスやtwitter、インスタなども利用できるようになります。

もちろんVPNは「北朝鮮、ロシア、ベラルーシ、イラク」などを除くほとんどの国で利用が認められているので違法ではありません。

サブスクを安く利用できる

VPNを利用するとYouTubeプレミアムやNetflix、AppleMusicなどのサブスク(月額制サービス)を通常よりも安く利用することができます。

理由を説明しますね。

先ほど動画サービスのところでも説明しましたが、VPNを利用することで自分のIPを任意の国のIPに変更できます。

これにより、海外のサブスク料金で契約が可能になります。

「海外の月額料金で利用すると何がお得なの?」と思いますよね。

実は多くのサブスクリプションは国ごとにサブスクの利用金額が違っていて、その国の生活水準に合わせて金額が設定されています。

そのため先進国は金額が高く、発展途上国は低く設定されている場合が多いんです。

AppleMusicでいうと、日本で登録すると月額980円かかるのに対し、トルコでは月額約161円で利用することができます。

YouTube PremiumやSpotifyなども同様です。日本にいながら他国の安い利用料金でサブスクを利用することができるのは大きなメリットですね。

iPhoneでVPNを利用するデメリット

iPhoneでVPNを利用する場合のデメリットはほとんどないのですが、しいていうならこちら↓です。

通信速度が少し低下する場合がある

VPNを利用することによって通信速度が低下する場合があります。これはデータの暗号化などの処理によって通信速度が落ちることが原因です。

セキュリティ強化などの目的で日本にいながら日本のサーバーに繋いでいるような場合には、体感できるほどの速度低下はありません。

ただ日本から海外、海外から日本のように物理的に遠くにあるサーバーに繋ぐ場合は、やや速度低下したかなと分かる場合があります。これはVPN各社が速度低下しないように頑張っていますので、会社によっても差があります。

また、一度にたくさんの人がVPNサーバーにアクセスしてしまうとVPNサーバーの許容値を超えてしまい、速度が落ちることもあります。私はこれは体感したことはないので、まれだと思いますが…

どうしても速度が遅く不具合を感じる場合は、別のサーバーに繋いでみると改善することが多いです。サーバーにはハズレサーバーがあったりするので、調子のよいサーバーを探してみましょう。

iPhoneでVPNを設定する方法

日本人が多く利用していて、私も利用しているMillenVPNの設定方法を説明します。MillenVPNではアプリが用意されているのでそれをダウンロードすれば簡単に設定可能です。

①MillenVPNのアプリを立ち上げ、登録時に設定したメアドとパスワードでログインします↓

②接続したい場所を選びます↓

③接続ボタンを押せば接続されます↓。あとは通常通りブラウザーなどでネットを利用するだけで安全に利用できます。

④切りたいときは「切断ボタン」を押せばOKです↓

非常に簡単ですね。

iPhoneにおすすめなVPNを紹介

VPNはかなり種類があり、どのVPNを選べば良いか分からない人も多いですよね。

より安全にiPhoneを利用したい人におすすめのVPNを2つご紹介します。

MillenVPN

MillenVPN 基本情報
本社 日本
月額金額 2年プラン  396円(税込)

1年プラン  594円(税込)

1ヶ月プラン 1,496円(税込)

接続デバイス数 同時に10台まで接続可能
サーバー設置数 45カ国1,300台以上
日本語対応 可能
保証 30日間返金保証
HP ⇒公式サイト

※2023年1月23日時点の情報です

多くのVPNは海外の会社が運営していますが、MillenVPNは日本の会社が運営を行っているVPNサービスです。

日本製でより安心なVPNを利用したい方には「MillenVPN」をおすすめします。

以下のような特徴があります。

・日本人が利用する動画サービスはほぼ利用できる

・サポートが日本語で受けられ、契約も日本語対応可能

・月額料金が安い

・ノーログポリシーありでプライバシー保護に優れている・中国でも利用できる

・サブスクが安いトルコやインドに接続できる

何と言っても日本製で日本の会社が対応してくれる安心感は大きなメリットです。

また、規制がかかりやすい中国で利用ができることでも人気があります。

デメリットは以下のようなものがあります。

・海外大手VPNと比べるとサーバー設置数が少ない

・海外大手VPNと比べると通信速度が少し落ちる場合がある

ただ利用する上で通信速度は問題無いという声も多いです。私も実際に利用していますが、通信速度が他社と比べて遅いと思ったことはありません。

MillenVPNはとにかく日本人が利用する上で、細部にこだわったVPNなので日本人のかゆい所に手が届くサービスです。

\当サイト最もおすすめのVPN/

Millen VPNの公式サイトはこちら

>>MillenVPNの口コミをもっと見る

NordVPN

NordVPN 基本情報
本社 パナマ共和国
月額金額

スタンダード

プラン

2年プラン  495円(税込)

1年プラン  693円(税込)

1ヶ月プラン 1,672円(税込)

月額金額

プラスプラン

2年プラン  649円(税込)

1年プラン  836円(税込)

1ヶ月プラン 1,815円(税込)

月額金額

コンプリート

プラン

2年プラン  858円(税込)

1年プラン  1045円(税込)

1ヶ月プラン 2,824円(税込)

接続デバイス数 同時に6台まで接続可能
サーバー設置数 60カ国5,500台以上
日本語対応 可能
保証 30日間返金保証
HP ⇒公式サイト

※2023年1月23日時点の情報です

NordVPNは全世界で多くの利用者に選ばれている人気のVPNです。日本人に特化しているわけではありませんが、オールマイティという印象です。

海外での利用が多い方や、通信速度にこだわりたい方はNordVPNをおすすめします。

NordVPNには以下のような特徴があります。

・通信速度はVPNトップクラスで動画視聴も問題無くできる

・ほぼすべての動画サイトに対応している

・サーバー数が多く、通信速度が安定している

・安い料金でサブスクを利用できるインド、トルコ、フィンランドにも対応可能

など海外での利用や海外サイトを利用する場合のメリットがかなり多いです。

また、NordVPNは海外のサービスですが、サイトやアプリなどはすべて日本語対応が行われていて、サポートも日本語で対応してくれるので初心者の方でも問題無く利用できます。

以下のようなデメリットもありますので、把握しておきましょう。

・通信が遅くなることもある

・中国は通信が繋がりにくい場合がある

・同時接続台数が6台までに限られる

通信が遅くなった場合もサーバーを変更してみると改善することが多いです。

NordVPNでは中国も対象国になっていますが、通信制限がかかったり通信速度が遅かったりという声もあります。

中国でVPNを利用したい場合は先ほどご紹介した「MillenVPN」を利用してみましょう。

\おすすめできるVPN/
NordVPNの公式サイトはこちら

>>NordVPNの口コミをもっと見る

まとめ

今回はiPhoneでVPNを導入すべきかを検証してみました。

  • より安全にiPhoneを利用したい人
  • フリーWi-Fiを利用する人
  • 海外での利用が多い人や海外サイトを利用する人

このような方にはVPNは必須だと言えます。

VPNは種類が豊富なので、自分の使い方に合ったVPNを利用してサブスクなどもお得に楽しんでみましょう。

関連記事

2023年最新でおすすめのVPNサービス10選をご紹介します。人気のVPNサービス10商品から13の基本項目を基に比較して解説しています。 これからどのVPNを利用しようか迷っている方の手助けになれば幸いです。 人気のVPN[…]